前へ
次へ

注意しておきたい地域の葬儀マナーの差

葬儀マナーというと、洋服は何を着ていくべきかとか、女性の場合はメイクをどうするかなどいろいろとあります。
しかしもう一つ注意しておきたいのが、地域によっても大きくマナーが違っている可能性があるということです。
例えば、一般的には正しいマナーだったとしても、その地域によっては少々非常識と捉えられてしまうことも決して珍しくありません。
反対に、一般的にはマナー違反となるようなことでも、地域によっては認められているということも多々あります。
だから、最低限葬儀マナーに関しては理解しておく必要がありますが、あくまでもそれは一般論に過ぎないということを理解しておきましょう。
もちろん、知っておいて損はないので、葬儀の連絡が来たら必ず調べておくことは非常に重要だともいえます。
しかし、そのマナーだけが正解というわけではなく、正解はいく通りもあるということを理解しておくと良いでしょう。
そうすれば、いざというときにも焦ることなく冷静に対応しやすくなるというメリットがあるからです。
ただ、地域に関するマナー自体は、簡単にインターネットとかで調べることができるわけではないし、本を見ても載っていないことも多々あります。
ではどうすれば地域による葬儀マナーを知ることができるかというと、おすすめの方法としては親族に聞いておくことです。
葬儀の最中に関しては周りの人の様子を見ておけばなんとか対応できますが、香典や服装などは、誰かを見本にして用意することはまずできません。

高品質なランドセルが欲しい方におすすめの会社
革の裁断から仕上げまでをすべて自社で行い、各工程ごとにチェックもするのでより高品質なランドセルをお客様にお届けできます。

だから、葬儀の連絡が来たら、まずはどこで通夜、告別式が執りおこなわれるかということを聞く必要がありますが、それだけで終わらせないようにしましょう。
あとはどう言う服装にしておくべきか、香典はどうすれば良いかと言うのを、連絡をくれた人に聞いておくことをおすすめします。
特に親戚の葬儀に関しては地域マナーというのをしっかりと知っておくことが重要なので、忘れずに聞いておきましょう。
では全く聞けなかった場合はどうすれば良いかというと、とりあえず一般的な葬儀マナーで臨む、これが基本です。
とりあえず、地域によるマナーの差はたしかにありますが、何も知らないまま、情報もないままで対応できるものではないからです。
何も知らないのであれば、とりあえず基本的なマナーだけは理解するようにし、恥をかかないように心がけましょう。

Page Top